VWポロ

日本自動車輸入組合が5日発表した6月の輸入車ブランド別販売台数によると、フォルクスワーゲンが前年同月比4.5%増と順調に推移し、2か月連続のトップとなった。

アウディやボルボは、20%以上の伸びを示し、好調な販売を記録した。その他、アルファロメオが『ジュリエッタ』などの好調なセールスを背景にトップ10入りを果たした。

1位:フォルクスワーゲン 5751台(4.5%増)
2位:BMW 4681台(16.8%増)
3位:メルセデスベンツ 4384台(15.4%増)
4位:日産 3550台(45.4%減)
5位:アウディ 2403台(20.6%増)
6位:ボルボ 1624台(24.8%増)
7位:MINI 1532台(13.4%減)
8位:トヨタ 1466台(27.7%増)
9位:アルファロメオ 663台(221.8%増)
10位:フィアット 644台(13.0%減)

アウディQ5 ボルボ S60