渋滞中に夫婦でケンカになってしまうことがあるか

富士通テンは、小学生の子どもを持つ親子を対象に「渋滞に関する家族の意識調査」を実施、その結果をまとめた。

調査は、4月13日から22日、ナビ付の自家用車を所有し、小学生の子どもを持つ30-40代の男女とその子どもを対象にインターネットで実施。男性170、女性170、子供340の回答を得た。

親を対象に、渋滞中に夫婦でケンカになってしまうことがあるか尋ねたところ、「ある」は6.5%、「時々ある」は26.8%で、合わせて33.3%と、3人に1人が渋滞中に夫婦喧嘩を経験したことがあると回答した。

さらに、渋滞中に子どもが退屈でダダをこねて困ることがあるか尋ねたところ、「ある」は10.9%、「時々ある」は32.6%で、合わせて43.5%と、約半数の親が渋滞中の子どものダダこねに困っていると回答した。

一方、子ども達は渋滞をどう思っているのかも調査。渋滞中、ヒマだと感じている子どもは66.8%、辛くて我慢できないと答えた子どもは40.3%にのぼった。

渋滞にはまれば、夫婦ゲンカや子どものダダこねに悩まされるものの、やはり夏休みの帰省やレジャーは車が中心。家族でお出かけする際の交通手段を尋ねたところ、「自動車」は97.4%で、続く「電車」32.4%の約3倍と圧倒的に自動車派が多いことが分かった。

渋滞になった場合、車内でどうやって過ごしたいかを、子どもと親それぞれに尋ねたところ、1位はともに「家族と会話する」(子ども:63.2%、親:68.8%)だった。「家族でしりとりやクイズを楽しむ」(子ども:62.1%)、(親:45.9%)との回答も多かった。

今回の調査結果から、富士通テンでは渋滞中の退屈やイライラを回避するためには、家族コミュニケーションをうまくとることが大切だと提案している。

渋滞中、子供が退屈でダダをこねて困ることがあるか