2日午後4時ごろ、青森県青森市内の市道で、自転車で道路を横断していた16歳の女子高校生に対し、交差進行してきた軽乗用車が衝突する事故が起きた。高校生は軽傷。クルマはそのまま逃走したが、警察は後に73歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

青森県警・青森署によると、現場は青森市八重田付近の丁字路交差点。信号機は設置されていない。16歳の女子高校生は自転車に乗った状態で道路を横断しようとしていたが、右方向から交差進行してきた軽乗用車にはねられたものとみられる。

自転車は弾き飛ばされるようにして転倒。高校生は頭を切る軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走した。警察では目撃情報から逃走したクルマを特定。翌3日までに同市内に在住する73歳の男を自動車運転過失傷害や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

調べに対して男は「事故を起こしたことはわかっていた」などと供述しており、警察は逃走の動機について厳しく追及している。