フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》

フェラーリ・ジャパンは5日、東京都内のホテルにて、新世代V型12気筒エンジンを搭載したフラッグシップモデル『F12 ベルリネッタ』を公開した。同車はジュネーヴモーターショー12ですでにワールドプレミアされているが、日本での公開は初となる。

F12ベルリネッタに搭載される新世代V型12気筒エンジンは、1リットル当たり118hpとなる740hpの最大出力を発揮する。また、最大トルクは690Nm/6000rpm、2500rpmという低回転域から最大トルクの約80%に相当するトルクが発揮されるという。

新たに設計されたスペースフレームシャシーとボディシェルには、自動車部材としては初めて使用されたものも含む12種類の異なるアルミニウムが採用されており、1525kgという車両重量とともに、20%のねじれ剛性向上を達成している。

これらの新技術に加え、トランスミッション、エアロダイナミクス、ブレーキなどにも新技術を積極的に採用した結果、最高速340km/h以上、0-100km/h加速は3.1秒という優れたパフォーマンスを実現している。

同社は、F12 ベルリネッタが登場したことで、12気筒モデルと8気筒モデルの新世代ラインナップが完成、「嗜好の異なるフェラリスタのために、異なるフェラーリを提供する」というフェラーリの目標が具現化したとしている。

F12 ベルリネッタの国内販売価格は3590万円。デリバリーは今年の12月に開始される予定。

フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・F12 ベルリネッタ《撮影 瓜生洋明》 フェラーリ・ジャパンハーバート・アプルロスプレジデント&CEO(左)とフェラーリ S.p.Aアンドレア・バッシプロダクト・マーケティング マネージャー(右)《撮影 瓜生洋明》