英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」において、リバース走行でヒルクライムに挑む日産リーフ

6月28日から7月1日まで、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」。日産自動車のEV、『リーフ』がユニークな記録を打ち立てた。

この記録挑戦は、グッドウッド名物のヒルクライムでの出来事。通常の前進走行ではなく、リバース走行で、リーフがいかに早くヒルクライムコースを駆け上がるかという記録に挑んだのだ。

リーフのステアリングホイールを握ったのは、スタントドライバーのテリー・グラント氏。同氏は1マイル(約1.6km)の坂道を、1分37秒02の新記録で駆け抜けた。平均車速は88.5km/hだったという。

助手席に腕を回し、後方を注視しながらの記録挑戦の様子は、動画共有サイト経由で見ることができる。