VW パサート オールトラック

意外なことに、VW『パサート』でこうした“万能型ワゴン”が設定されるのは初。けれど決して肩のチカラが入った感じはなく、ベース車(現行B7型『パサート・ヴァリアント』)に対しネガがない点も感心させられた。

1番の魅力は何といっても、しなやかで安定した走りっぷりが守られている点。大径18インチホイールも履きこなし、30mm高められた車高も、こと走りに関してそれを実感させられない。

きちんと空間を確保した後席も、前席に見劣りしない出来のシートが備わり、乗り心地も快適。それと、588〜1716リットルの容積を誇るラゲッジスペースは、四角い形状と広大としか言いようのない床面積、何の言い訳も必要なく、こてんぱんに使いこなせそうだ。

2リットルTSIエンジン+6速DSGの組み合わせも、十二分な動力性能を披露してくれる。アンダーガード風パネル、フェンダーアーチモールはお約束だが、フロント回りはヴァリアントよりメッキのモールの“量”が少なく、すっきり感が好ましい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

VW パサート オールトラック 18インチホイール VW パサート オールトラック バイキセノンヘッドライト VW パサート オールトラック ラゲージルーム VW パサート オールトラック インテリア VW パサート オールトラック インテリア