ホンダ・N BOX

全国軽自動車協会連合会が発表した2012年上半期(1-6月)のブランド別軽自動車販売台数によると三菱自動車を除く全ブランドが前年を上回った。

東日本大震災の影響で前年の水準が低かったことによる反動増と、エコカー補助金制度で販売が好調だった。特にホンダは『N BOX』が好調で、販売台数が前年の2.5倍に増えた。

ダイハツはシェアが34.9%でトップ、2位のスズキは29.0%だった。

1位:ダイハツ 38万0079台(51.0%増)
2位:スズキ 31万6507台(40.0%増)
3位:ホンダ 16万1676台(151.0%増)
4位:日産 8万8208台(26.2%増)
5位:三菱自動車 4万7427台(5.8%減)
6位:スバル 4万6836台(21.5%増)
7位:マツダ 2万8087台(21.5%増)
8位:トヨタ 2万1580台