日産、大阪府と大阪市にリーフとV2Hシステムを無償で提供

日産自動車は7月3日、大阪府、大阪市と共同で、電気自動車(EV)からの電力供給システム「ビークル・トゥ・ホーム(V2H)」を活用した節電対策「日産リーフで節電アクション」を実施すると発表した。

日産は、EV「リーフ」とニチコンが開発したEVパワーステーションを大阪府、大阪市の官公庁施設に50台、大阪府内の民間向けに200台の合計250台のセットを無償で提供する。このうち。民間向けは、大阪府にある介護指定事業者や一般企業を対象に希望者を募集する。リーフの無償提供は2013年3月末まで。

電力供給システムは、EVに搭載している駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーから電気を供給するシステム。夜間電力や太陽光発電を使ってEVに充電し、蓄えた電気を日中の電力需要が高まる時間帯に使用することで、電力消費のピークシフトに貢献する。停電時や非常時などには、バックアップ電源としても活用できる。

大阪府、大阪市と共同で同日行われた記者会見で日産の志賀俊之COO(最高執行責任者)は「夜間にクルマのバッテリーに充電した電気を、電力需要の高い昼間に住宅やオフィスに使うことで、ピークシフトに貢献する全く新しいシステム。節電は今や年間を通じた国民が取り組べき重要な問題で、システムの活用によって、(電力不足が懸念される)大阪での大規模なピークシフトに貢献できることを嬉しく思う」とコメントした。

日産は、今後も電力需給対策が求められる地域でリーフを活用したV2Hによる節電対策の支援を行っていく方針。

電力制御装置≪撮影 小松哲也≫ EVバッテリーからの給電システム≪撮影 小松哲也≫