マクラーレンMP4-12Cスパイダー

英国マクラーレンオートモーティブは3日、『MP4-12Cスパイダー』の概要を明らかにした。2011年に生産を開始した新型スーパーカー、『MP4-12C』のオープンバージョンだ。

MP4-12Cスパイダーの特徴は、クーペボディと同等のパフォーマンスが追求された点。ミッドシップには、クーペと同じ3.8リットルV8ツインターボエンジンを搭載。最大出力は625ps/7500rpm、最大トルクは61.2kgm/3000‐7000rpmを発生する。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「SSG」。MP4-12Cスパイダーは、0‐100km/h加速3.1秒と、クーペと同じ加速性能を実現する。また、最高速は329km/h。これはクーペの333km/hと比較して、4km/hの差でしかない。

注目のルーフは、リトラクタブル方式のハードトップを採用。もちろん、電動開閉式となっており、30km/h以下なら走行中でも開閉できる。

マクラーレンオートモーティブは、世界22か国、38の正規ディーラーネットワークで、MP4-12Cスパイダーの受注を開始。英国ベース価格は19万5500ポンド(約2450万円)で、納車は2012年11月に始まる予定だ。

マクラーレンMP4-12Cスパイダー マクラーレンMP4-12Cスパイダー マクラーレンMP4-12Cスパイダー マクラーレンMP4-12Cスパイダー マクラーレンMP4-12Cスパイダー マクラーレンMP4-12Cスパイダー マクラーレンMP4-12Cスパイダー マクラーレンMP4-12Cスパイダー