「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」のヒルクライムに挑むマツダMX-5 GTコンセプト(動画キャプチャー)

マツダの英国法人、マツダUKが開発した『ロードスター』の高性能版、『MX-5 GTコンセプト』。同車が、英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」のヒルクライムに挑む映像が、ネット上で公開されている。

MX-5 GTコンセプトは、『MX-5』(日本名:ロードスター)をベースに、モータースポーツから得たノウハウを注入して開発。2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、レーススペシャリストのJota Sportの手によってチューニングを受け、自然吸気でありながら最大出力205psを発生する。これはノーマルの158ps(英国仕様)に対して、47psものパワーアップだ。

足回りには、サーキットの特性に合わせてセッティングが変更できる調整式サスペンションを採用。エアロダイナミクス性能も引き上げられており、カーボンファイバー製フロントリップスポイラー、ディフューザー、トランクスポイラーなどが装備される。

このMX-5 GTコンセプトが、グッドウッド名物のヒルクライムに出走。女性耐久レーサー、Jade Paveley選手によるヒルクライムの様子は、動画共有サイト経由で見ることができる。