1日午後0時15分ごろ、福岡県田川市内のパチンコ店駐車場で乗用車が暴走し、軽乗用車に追突。押し出された軽乗用車が敷地内の飲食店に突っ込む事故が起きた。店内にいた男性が死亡。警察は乗用車の運転者を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

福岡県警・田川署によると、現場は川崎町田原付近にあるパチンコ店の駐車場。乗用車は場内へ進入したところで急加速し、58歳の男性が運転する軽乗用車に追突。押し出された軽乗用車が場内の一角にある飲食店に突っ込んだ。

飲食店の店内にいた84歳の男性は背後から突っ込んできたクルマとカウンターの間に挟まれる状態となり、腹部などを強打。近くの病院へ収容されたが、出血性ショックなどが原因で約11時間後に死亡。軽乗用車を運転していた男性も打撲などの軽傷を負っている。

乗用車を運転していた添田町内に在住する57歳の男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。警察は道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕。自動車運転過失致死傷容疑でも調べを進めている。

調べに対して男は「自宅でウイスキーや発泡酒などを飲んだ」などと供述しており、警察では飲酒量の特定を進める方針だ。