6月30日午前5時5分ごろ、埼玉県日高市内の市道に57歳の男性が倒れているのを家族が発見。消防に通報した。男性は全身を強打しており、収容先の病院で死亡。受傷状況から警察ではひき逃げされた可能性が高いとみて、死亡ひき逃げ容疑で捜査を開始している。

埼玉県警・飯能署によると、現場は日高市武蔵台3丁目付近で幅員約4mの直線区間。男性は自宅前の路上に倒れているところを、犬の散歩に出ようとした家族が発見。意識不明の状態だったことから消防に通報した。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因で約1時間後に死亡。着衣に乱れはなかったが、複数箇所を骨折していることや、着用していたとみられる腕時計が壊れた状態で発見されていることから、警察はクルマに轢き逃げされたものと判断。死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

ただ、現場の路面にブレーキ痕は無く、クルマの破片なども見つかっていない。家族や近隣住民も衝撃音などは聞いていないという。警察では慎重に調べを進める方針だ。