アイシン精機は2日、半導体設計・製造の日出ハイテックが保有する同社自己株式の33.4%を取得、同事業に参入すると発表した。

急速な自動車の電子化・電動化に伴い、車載半導体の使用量は年々増加。アイシン精機は、今回の事業参入で、専用機能のIC化や、ECU・センサーの小型化・低コスト化を図り、商品の差別化を目指していく。