コパ・ブリヂストン・スダメリカーナ2012

ブリヂストンは2日、南米サッカー連盟が主催する「コパ・スダメリカーナ2012」に冠スポンサーとして協賛すると発表した。昨年に続き2度目の協賛となる同大会は「コパ・ブリヂストン・スダメリカーナ2012」が正式名称となる。

コパ・スダメリカーナは、南米サッカークラブチームによる重要な国際大会の一つ。今年度は、南米10か国のクラブ全47チームが予選から決勝までの計92試合を行う。

なお、2008年より「コパ・スダメリカーナ」の優勝チームは、日本サッカー協会等が主催する国際試合「スルガ銀行チャンピオンシップ」に招待され、Jリーグヤマザキナビスコカップの優勝チームと対戦。今年度は8月1日に「コパ・ブリヂストン・スダメリカーナ2011」の覇者ウニベルシダ・デ・チリが鹿島アントラーズとカシマサッカースタジアムで対戦する予定となっている。