住友林業 新「Smart Solabo」

住友林業は、省エネルギーな木の家をベースに、太陽光発電システムや家庭用蓄電池システム、V2Hシステムなどの環境配慮機器をラインナップした、新「Smart Solabo」を7月6日より発売する。

V2Hシステムは、電気自動車やプラグインハイブリッド車と住宅間で電力を相互に供給できる仕組み。今回発売する新「Smart Solabo」での採用は、戸建て住宅業界初となる。

同住宅では、その他に太陽光発電システムとの連携を可能にした容量4.8kWhの家庭用蓄電池などを環境配慮機器にラインナップ。多彩な機器の中から家族のライフスタイルや要望に合った組み合わせを提案する。