グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012において初公開され、ヒルクライムで走りを披露したジャガーFタイプ

ジャガーカーズは6月29日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」において、新型スポーツカーの『Fタイプ』(F-TYPE)のプロトタイプを初公開した。

Fタイプは2012年4月、ニューヨークモーターショー12で開発計画を公表。実車のプロトタイプが公開されるのは、今年のグッドウッドが初めてだ。しかも、グッドウッド名物のヒルクライムで、その走りを披露している。

搭載エンジンに関しては、新開発の3.0リットルV6スーパーチャージャー、とだけアナウンス。このエンジンのスペックは未公表だが、2013年モデルの『XJ』と基本的に共通と思われ、XJの場合、最大出力340ps、最大トルク45.9kgmを発生する。

Fタイプは今後も開発を進め、2013年の半ばに発売される予定。ヒルクライムでFタイプのドライブを担当したジャガーカーズのマイク・クロス氏は、「グッドウッドでは、Fタイプのエンジン音や速さを感じ取ってもらえたと思う。観客の反応は素晴らしいものだった」とコメントしている。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012において初公開され、ヒルクライムで走りを披露したジャガーFタイプ グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012において初公開され、ヒルクライムで走りを披露したジャガーFタイプ