マツダ・CX-5船積みの様子。(参考画像)≪撮影 小松哲也≫

マツダは、社会貢献活動の一環として、小学生・中学生を対象とした「船積み見学会」を7月24日に、小学校の社会科教諭を対象とした「社会科学習支援研修会」を7月31日に開催する。

「船積み見学会」は、小学5年生が社会科の授業で「日本の自動車産業」を学習することをうけて、1996年から開催。本社敷地内に工場と専用埠頭を所有しているマツダの特長を生かし、『デミオ』や『プレマシー』『CX-5』などのマツダ車が、専用埠頭に接岸された積載能力5000台規模の大型自動車専用船に積み込まれ、北米に向けて輸出されていく現場を見学する。

「社会科学習支援研修会」は、より詳しい授業を展開するために自動車産業を理解したいという教育現場の要望に基づき、1999年から毎年開催。プレス工場、車体工場、組立工場の見学や組立作業の実習を通して、参加する教諭は、自動車作りの現場を体験。マツダのクルマづくりを理解し、指導に役立ててもらう。

また、イベント参加者は「マツダミュージアム」も見学。同ミュージアムは、中四国地方で唯一の自動車企業博物館として、創業90年を超えるマツダの歴史を彩る名車をはじめ、先進の環境・安全技術などを展示。併設する工場では新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」搭載の第1弾となる新型デミオをはじめ、マツダ車の生産現場を見学できる。

マツダ・CX-5船積みの様子。(参考画像) マツダ・CX-5船積みの様子。(参考画像)