スプレンドーレ・ピクニック開催 シトロエンDS(左)とトラクシオン・アヴァン《撮影 内田俊一》

1日、榛名湖(群馬県高崎市)において“スプレンドーレ・ピクニック”が開催された。主催は伊香保観光協会。協力は伊香保おもちゃと人形自動車博物館(群馬県北群馬郡)。

外国車であればクラシックカーから新車まで参加できるこのイベントは、「クルマを愛する人と、楽しいことが大好きな人に一日ゆったり、のんびり楽しんで頂きたく始まりました。クルマを主体としたイベントですが、ピクニックラリーのほか、なわとび大会やフリーマーケット、キューピー絵付け大会など、子供から大人まで一日中楽しんで頂けるイベントです」と主催者は語る。

実際に120台以上の参加車が会場である榛名湖畔駐車場に集まったのだが、家族での参加が他のイベント以上に多く見受けられ、ファミリーでイベントを楽しんでいる姿が印象的であった。

当日は残念なことに、雨と7月とは思えない寒さで、いくつかのイベントはキャンセルとなってしまった。しかし、来場者はフリーマーケットでのお買い物や、ステージでのアトラクションなどを楽しんでいたようである。

今年の参加車のテーマはフランス車で、『トラクシオン・アヴァン』から『C6』までの様々なシトロエンや、プジョー、ルノーなどの多くのモデルを見ることが出来た。それら以外にも、アメリカ車、特にマッスルカーと呼ばれる1970年代頃までの大排気量、大パワーを誇ったモデルも多数参加し注目を集めていた。さらに、ジープをはじめとした軍用車両がコスプレをした参加者とともに会場の一角を占め、皆を驚かせるとともに、めったに見られないクルマたちを、来場者たちは興味深く観察していた。

次回のスプレンドーレは9月16日に開催される“スプレンドーレ榛名”の予定である。

スプレンドーレ・ピクニック開催 シトロエン・C5やルノー・ルーテシア、アルピーヌA110など《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催 プジョー605やルノー25などの大型車も参加《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催 ジープなどの軍用車たち《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催 アメリカ車たちの一部《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催 ランチア・テーマワゴンで参加のご家族。ドライバーは奥様である。《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催 ジープもタイムラリーに参加《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催 イギリス車たち《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催《撮影 内田俊一》 スプレンドーレ・ピクニック開催 地元警察の白バイ隊も子供たちサービスで参加《撮影 内田俊一》