福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55%

クラブツーリズムは、東日本大震災後に福島県へクラブツーリズムのツアーで訪れた旅行者のうち、661人を対象に、福島県旅行に関する意識調査を実施した。

東日本大震災後、原発事故で福島県への旅行者は大幅に減少し、風評被害による悪影響が懸念されている。旅行先としての福島県に対する意識をとらえるため、「福島県を訪れた理由」「福島県を旅行するにあたり不安だったこと」「実際に訪れた感想」などに関して調査した。

福島県を訪れた目的・理由は、「復興支援の思いから」が60.4%とトップだった。次いで「観光スポットの訪問やお祭りなどのイベント」が51.4%、「温泉」が40.8%、「自然」が39.0%など、福島県への観光を目的とした理由も多くなっている。

「復興支援」を理由として東北の中でも福島県を旅行先に選んだ理由は「風評被害が最も大きいと聞いたから」と同時に「過去に訪れたことがあり、良かったから」が58.1%と高く、福島を応援する気持ちと同様、福島の旅先としての魅力が訪問するきっかけになっている。

福島県を訪れる際に不安に感じたことは「原発の影響による放射能問題」が81.2%と際立ってトップ。次いで「余震の可能性」の54.1%が過半数を超えたが、その他の項目に関しては10%前後の結果となり、放射能と余震の可能性が不安要素として大きい。

ただ、福島県訪問に不安を感じた人を対象に不安が解消されたか尋ねたところ「解消された」が21.2%、「やや解消された」が34.1%で、半数以上の人が実際に訪れることで、不安は解消されたと回答した。

福島県を訪れた感想は「良かった」が91%で、約92%が再訪を希望している。目的の1位は「興味のあるイベントやツアーがあれば再訪したい」が多かった。

福島県旅行の印象を自由回答で質問したところ、被災地から離れているため、震災被害を感じることはなく、他の観光地と変らないとのコメントが多くの旅行者から挙げられた。

一方で、強く印象に残った点の自由解答欄では、観光客の少なさを指摘する声と、風評被害に関する声が非常に多く、直接の震災被害を受けていない観光地の猪苗代湖や裏磐梯などを訪れた福島旅行者が、観光客の少なさと風評被害の影響を実感していることが浮き彫りになっている。

福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55% 福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55% 福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55% 福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55% 福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55% 福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55% 福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55% 福島への旅行、「実際に訪問することで不安は解消」が55%