豊橋技科大、電化路面からタイヤへの送電実験

豊橋技術科学大学は、波動工学研究室(大平研究室)が電化路面から自動車ホイールへの送電実験に成功したことを発表した。

同研究室は、電化道路電気自動車「EVER(Electric Vehicle on Electrified Roadway)」の実現を目指して研究を進めてきた。EVERとは大容量バッテリを車載せず、道路インフラからエネルギーを集電して、電気鉄道のように走行する電気自動車。

今回の実験では、電車のパンタグラフの役目を自動車のタイヤに任せられないかと発想。タイヤはゴム製のため、通常の50/60Hzの電流は流れない。そこで、電流を10MHz以上の高周波エネルギーに変換して、タイヤに電気を供給する仕組みを考案。今回、路面下に埋設したアルミ板から車輪のアルミホイールへ電力を伝送する実験に成功した。

同研究室は、この技術で主要幹線道路が電化できれば、小さなバッテリの電気自動車で長距離旅行することが夢ではなくなるとしている。

豊橋技科大、送電実験の仕組み