三井住友フィナンシャルグループのセディナは、山梨中央銀行と提携し、太陽光発電システムの普及促進を目的に、太陽光発電システムの設置費用を対象とした「山梨中銀ソーラーローン」の保証業務の取扱を7月2日から開始すると発表した。

山梨中央銀行は、山梨県と西東京地区を主な営業地盤としている。今回、地域の利用者利便の向上を図るため、セディナと提携して、エネルギー・環境に配慮した太陽光発電設備を普及するための新商品を開発した。

山梨中銀ソーラーローンは、太陽光発電システムの設置と付帯設備に融資する。10万円以上、500万円以内で融資は証書貸付契約となる。