LIXIL、住宅用地上設置型太陽光発電システム「ソーラーベース 柱建てタイプ」

LIXILは、垂直積雪量100cm未満の地域にも対応可能な、業界初の住宅用地上設置型太陽光発電システム「ソーラーベース 柱建てタイプ」を7月1日から発売する。

新商品は、住宅の余剰地を使って簡単に設置できる、業界初の住宅用地上設置型太陽光発電システム。屋根の老朽化のため取り付けができない住宅や外観意匠上設置に抵抗がある住宅に最適な仕様となっている。

太陽光発電システムの新規導入のほか、現在使用中の太陽光発電システムと合わせて設置することで、発電総量をあげることも可能。建物に負担をかけることなく発電力不足を補う。

架台角度は20度と40度の2種類、基本ユニットのサイズはパネル4枚から12枚までの6サイズを用意する。さらに、架台角度40度は、垂直積雪量100cm未満の地域にも設置が可能で、1.5mまでの凍結深度に対応する。

施工面では、基礎と一緒に柱を埋め込むことで、施工時間を短縮。コンクリート独立基礎と比較すると施工時間を4分の1までに短縮できる。

発電総量は2.28kWから5.7kWで、価格は175万7200円から448万9200円。