car2go社ライナー・ベッカーCOO《撮影 小松哲也》

独ダイムラーの子会社で、スマート『フォーツー』を使って欧米でカーシェアリングサービスを展開しているcar2go社のライナー・ベッカーCOOは29日、都内で講演し、「すでに200万台を超える貸し出しを達成しており、ビジネスになっている」と強調した。

メルセデスベンツ日本が同日開催した講演イベント、「メルセデスベンツ・アドバンスド・モビリティ・デー」基調講演の中で明らかにした。

car2goのカーシェアリングサービスは2009年3月に独ウルム市で導入を開始し、現在は欧米11都市でサービスをおこなっている。ベッカーCOOは「現時点で10万人以上の会員登録があり、そして毎週、何千人と増えている。4000台(のフォーツー)がcar2goで使われており、そのうちの600台が電気自動車だ」と述べた。

さらに「1日数回利用する人もいる。ビジネスとして成功していると思っている。これはスマートの販売を促進しようとしているマーケティング活動ではない。ビジネスになり得ている」と強調した。

car2goは、あらかじめ会員登録すれば予約なしで24時間利用できるうえ、指定エリア内ならどこでも乗り捨てられる。また料金は分単位で、好きな時に好きなだけ利用できるというのも、他のカーシェアリングサービスとは異なる特徴となっている。

car2go社ライナー・ベッカーCOO《撮影 小松哲也》 car2go社ライナー・ベッカーCOO《撮影 小松哲也》 car2go社ライナー・ベッカーCOO《撮影 小松哲也》 car2go社ライナー・ベッカーCOO《撮影 小松哲也》 スマートフォーツーEV《撮影 小松哲也》