ホンダ・熊本製作所(参考画像)

日本自動車工業会が発表した5月の二輪車の生産台数は、前年同月比22.2%減の4万1334台となり、6か月ぶりのマイナスとなった。

車種別では、小型二輪車が同12.5%減の2万2717台、軽二輪車が同32.1%増の7887台となった。原付一種は同52.1%減の7173台、原付二種が同42.7%減の3557台だった。

メーカー別では、ヤマハが同29.2%増の1万2151台と好調だったが、他3社は、ホンダが同23.0%減の1万3875台、スズキが同43.6%減の9776台、カワサキが同33.6%減の5532台と不振だった。

国内需要は同0.2%増の3万4622台、輸出が同13.5%減となった。