全国軽自動車協会連合会が発表した5月の軽四輪車中古車販売台数は、前年同月比13.8%増の23万1635台と好調で、8カ月連続でプラスとなった。

エコカー補助金の効果で、軽自動車の新車の販売が好調に推移しており、軽の下取り車の増加で、良質なタマも増えていることから、中古車の販売も伸びている。

車種別では、乗用車は同17.2%増の16万7985台と8カ月連続プラス。貨物車は同5.7%増の6万3650台と2カ月ぶりに前年を上回った。貨物車の内訳は、バンが同5.0%増の3万3459台、トラックが同6.5%増の3万0191台だった。

ブランド別では全てのブランドが前年を上回った。