26日午後5時25分ごろ、大阪府大東市内の市道を軽乗用車が暴走。立ち話をしていた男女を次々にはねる事故が起きた。この事故で5人が重軽傷を負った。警察はクルマを運転していた86歳の男性から事情を聞いている。

大阪府警・四条畷署によると、現場は大東市深野5丁目付近で幅員約2.5mの路地。クルマは急加速して路地に進入。路上で立ち話をしていた男女5人を次々にはね、突き当たりにある水田に転落した。

この事故で78歳の男性が骨折などの重傷。71歳の女性は肺挫傷の重体。他の3人も打撲などの軽傷を負った。警察はクルマを運転していた現場近くに住む86歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

調べに対して男性は「車庫入れ中に自転車が接近したのでブレーキを踏もうとしたが、誤ってアクセルを踏み込んだ」などと供述しているようだ。