ポルシェ ボクスター《撮影 内田俊一》

ポルシェジャパンから新型の『ボクスター』が発表された。

新型は、従来モデルに比べてコンパクトなオーバーハング、立ち上がり位置を前方に移動させたフロントウインドウ、よりフラットとなったシルエット、エッジを効かせたデザインを特徴としている。

新開発のオールアルミ製軽量ボディと、一新されたシャシーに搭載されるエンジンは2種。

「ボクスター」グレード用の直噴2.7リットル水平対向6気筒は、先代の2.9リットルから排気量を縮小。それでも、最大出力は10ps高められ、265psを発生する。0-100km/h加速は5.8秒で、先代よりも0.1秒速い。最高速は264km/hに到達する。価格は584万円から。

「ボクスターS」グレード用の直噴3.4リットル水平対向6気筒は、最大出力を5ps引き上げ、315psを引き出す。0-100km/h加速は5.0秒で、先代比で0.3秒短縮した。最高速は279km/h。価格は727万円から。

同社広報室室長の荒瀬大雅さんによると、購入層は、911のボリュームゾーンよりも(平均すると)数歳若いといい、その分布は2つのゾーンに分かれるという。

「まずひとつは、ダブルインカムノーキッズです。2シーターオープンなので、お一人、あるいはお二人で生活をして子供がおらず、年収はしっかりあるという人たちです」。

そしてもうひとつは、「子供が手を離れて、若い時はスポーツカーが好きだったので、ポルシェに乗ってみたいと思われていたリタイアされた方々です」とした。

ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田俊一》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田俊一》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田俊一》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田俊一》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田俊一》 ポルシェ ボクスター《撮影 内田俊一》