波長制御乾燥システムを搭載した乾燥試験炉

日本ガイシは、リチウムイオン電池やキャパシタの電極板、セパレータなどの乾燥工程の時間を従来の方法に比べて半分以下に短縮し、乾燥炉のエネルギー効率を大幅に高める波長制御乾燥システムを開発した。

フィルムや箔などに塗布された溶液を熱風で乾燥させる従来の方法は、乾燥時間が長い上、膨大な加熱エネルギーが必要で、エネルギー効率が低いという問題があった。

今回開発したシステムは、塗布された溶液中の溶剤を蒸発させるのに有効な波長の赤外線を、選択的に照射するため、乾燥時間を50〜70%短縮、これによって乾燥炉のエネルギー消費量も30〜50%削減できる。高価なリチウムイオン電池の製造工程のコストダウンに貢献する。

乾燥炉内を100度以下に保つ低温乾燥が可能なため、発火の恐れのある溶剤や熱に弱いPET(ポリエステル)フィルムなどの乾燥にも適用できる。乾燥炉の長さも50〜70%短くできるため、設置スペースを大幅に削減でき、同じスペースであれば、従来の乾燥方法と比べて生産能力を2〜3倍増強できる。

システムは、リチウムイオン電池の電極板の乾燥工程に採用され、顧客の量産ラインで近く稼働する予定。さらに、キャパシタの電極板やセパレータ、薄型ディスプレーのフィルムやシートなどの乾燥工程にも適用が拡大している。

同社では今後、新たな用途の開発と需要の開拓を進め、3年後に売上高30億円、5年後に100億円を目指す。