トヨタのインド戦略車 エティオス《撮影 宮崎壮人》

トヨタ自動車が28日発表した2012年5月の生産・国内販売・輸出実績によると、海外生産が前年同月比170.0%増の48万6960台と、5月として過去最高を記録。6か月連続で前年を上回った。

国内生産は同155.8%増の27万4811台と10か月連続で前年を上回った。

国内販売は同132.5%増の11万7638台と9か月連続でプラス。レクサスブランド車の販売は同77.6%増の3177台。軽自動車の販売は3495台だった。除軽市場のシェアは48.2%で、前年同月と比べて12.6ポイントアップした。

輸出は同291.4%増の16万5630台と10か月連続で前年を上回った。全地域に向けた輸出が増加した。

前年5月は震災の影響で大きく数字を落としたこともあり、国内生産・販売、輸出はいずれも大幅増となった。

グローバル生産台数は同164.7%増の76万1771台で大幅なプラスとなった。

トヨタ・カムリ