JR東日本の東北本線平泉駅東側に設置した太陽光発電

三菱電機は、JR東日本の東北本線平泉駅(岩手県)に、発電容量78kWの太陽光発電や蓄電池などの電機品を使用した電力供給システムを納入、6月28日より使用を開始した。

同システムは、太陽光発電と蓄電池(リチウムイオン電池)を組み合わせ、晴天日には夜間も含めて駅で消費する電力を太陽光発電で賄うゼロエミッションを実現する。

太陽光発電によって駅に電力供給を行うと同時に、発電の余剰分を蓄電池に充電。夜間や天候不良などで発電量が不足した場合には、蓄電池から電力供給をする。蓄電池からの放電後やシステム異常時は商用電源から供給可能とするなど、電力変換装置で、太陽光発電・蓄電池・商用電源を無停電で切り替え、安定した電力を供給することができる。

駅待合室設置のエコ情報表示盤