シャープは、業界で初めて国内住宅用太陽光発電システム機器トータルを15年間保証する「まるごと15年保証」の受付を7月1日より開始する。

まるごと15年保証は、住宅用太陽光発電システム購入時の加入で、モジュールだけでなく、パワーコンディショナや架台などの周辺機器も15年間保証する。

修理や交換の費用は同社が全額負担。回数や金額の上限はない。また、太陽電池モジュールの出力が保証値を下回った場合も修理や交換の対象で、ソーラー専門技術員が対応。さらに加入者は、インターネットを通じて太陽光発電システムを見守る「Webモニタリングサービス」も15年間無料で利用できる。

保証料金は、設置システム容量が3〜4kW未満の場合で1万5960円。住宅用太陽光発電システム設置時のローン返済の目安となる15年間をまるごと保証し、一般家庭における太陽光発電システムの運用をサポートする。