レッドブル(F1 ヨーロッパGP 2012年6月23日)

ヨーロッパGPレース中にエンジンの補器にあたるオルタネータ(発電機)トラブルに見舞われたレッドブルとロータスに対し、エンジンサプライヤーのルノー・スポールが謝罪した。いずれのチームも優勝争いの可能性を秘めていただけに、機材の故障、特に外部コンポーネントのトラブルでチャンスを奪い取られるのは納得しがたいところだ。

レッドブルの場合は、セバスチャン・ベッテルが余裕でレースをリードしていたときにセーフティカーが介入。その直後に発電機が過熱してエンジンが停止した。グロージャンの発電機故障は原因が異なるが、結果的に燃圧の低下でエンジン停止につながっている。

ルノー・スポールのレミ・タファンは、「全面的に非を認めて、レッドブルとセバスチャン、ロータスとロマンに謝罪します。現時点では根本原因は別と考えていますが、いずれのケースも発電機の故障です」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、順調に勝利を目指すかに見えたベッテルのリタイアの直後、率直に「頭に来る」と発言していた。

ロマン・グロージャン/ロータス(F1 ヨーロッパGP 2012年6月23日) ロマン・グロージャン/ロータス(F1 ヨーロッパGP 2012年6月23日) ロマン・グロージャン/ロータス(F1 ヨーロッパGP 2012年6月23日) ベッテル(レッドブル)(参考画像) ロマン・グロージャン/ロータス(F1 モナコGP 2012)(参考画像)