NTN アモルファスコア チョークコイル適用例

NTNは27日、アモルファス粉末と樹脂を混ぜ合わせた磁性材料を射出成形し、大電流に対応可能な「アモルファスコア」を商品化したと発表した。

一般にリアクトルやチョークコイルのコア部品は、磁性材料のフェライトをプレス成形して使用する。しかし、近年電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)、太陽光発電等の蓄電設備に搭載されるリアクトルや、高機能化が進む医療機器に使用されるチョークコイルには大電流、高駆動周波数など、厳しい環境で高い信頼性が求められ、従来のフェライトを用いたコアでは対応が困難になってきている。

アモルファスコアは、NTNのグループ会社である日本科学冶金が開発。直流重畳特性において、大電流下でインダクタンスの低下率はわずか30%。また、1000kHzの高周波帯域においてもインダクタンスの低下は見られず、電気信号ノイズを高効率に低減する信頼性の高いコアとなっている。

さらに、同コアは射出成形が可能なことから形状の自由度が高く、多様なコイル形状や大型化のニーズにも対応が可能。従来のフェライト製チョークコイルと比較した場合、容積を約1/8まで小型化可能で、装置の小型・軽量設計に貢献する。

NTN アモルファスコア チョークコイル適用例