高速道路上での追突リスクを軽減するボルボの安全技術

ボルボは、高速道路上での追突リスクが同社の持つ安全技術により、最大42%まで軽減されることがユーロFOT研究プロジェクトによって実証されたことを発表した。

ユーロFOT研究プロジェクトは、欧州全域を対象にした大規模なアクティブ・セーフティ・システムの実証実験を行うリサーチプロジェクト。今回、『V70』および『XC70』100台を使い、総勢263人のドライバーが実証実験を実施。全車にカメラとセンサーを搭載し、18か月間、あらゆる走行を記録した。

その結果、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)と衝突警告機能を搭載している車の場合、高速道路走行時の前方車両に追突する危険性を、最大で42%まで軽減できることが明らかとなった。

今回の実証結果について、ボルボの研究開発を担当する上級副社長ピーター・メルテンスは「ボルボが世界に先駆けて、新しい安全技術と走行支援技術の開発に注目した取り組みが、今日の交通事情への回答となっていることが実証された」とコメントした。

高速道路上での追突リスクを軽減するボルボの安全技術