Drivven Cシリーズ

日本ナショナルインスツルメンツは6月26日、エンジン制御用モジュール「Drivven Cシリーズ」6種類リリースすると発表した。

新製品は、エンジンに特化したI/Oモジュールで、内燃エンジンシステムやアクチュエータと直接やり取りすることが可能となる。量産エンジンのコントローラに必要とされる多くのI/Oのプロトタイプを短期間のうちに作成することができる。

また、同社の開発ツールである「NI LabVIEW FPGAモジュール」でプログラミングできるため、エンジン制御アルゴリズムのプロトタイプを短期間に作成することができる。多くの手間と時間を要するカスタム仕様のハードウェアを用意したり、長いコード文を変更したりする必要無しに、噴射タイミングもソフトウェアパラメータも簡単に調整することができる。

価格は税別12万円から。