BMW 6シリーズグランクーペ《撮影 内田俊一》

BMW『6シリーズグランクーペ』のインテリアは、BMW ブランド特有のドライバー・オリエンテッドなコックピットを備え、すべての乗員にダイナミズムを感じてもらえるという。

そのドライバーオリエンテッドの例として、「操作系あるいは表示系をドライバーに傾けていることが挙げられます」とはBMW マーケティングディビジョンプロダクト・マネジメントプロダクト・マネジャーの岡田信之さんの弁。

そしてインテリアデザインで目立つのは、センターコンソールからダッシュボードに向かうラインであろう。岡田さんは、「見た目にもドライバーとある程度適度に隔たりがあるように見せています。また、前にせりあがるラインで囲まれているので、室内にいながらダイナミズムを感じてもらえるのでは」と語る。

またこのラインは、「フロントドア周りから、Bピラーをわたって、後ろまで来ています。これにより室内全体がダイナミックなラインで包まれ、フロントシートだけでなく、リアの人もキャビンの中で一体となり、ダイナミズムを感じてもらえます」とした。

BMW 6シリーズグランクーペ《撮影 内田俊一》 BMW 6シリーズグランクーペ《撮影 内田千鶴子》 BMW 6シリーズグランクーペ《撮影 内田俊一》 BMW 6シリーズグランクーペ《撮影 内田俊一》 BMW 6シリーズグランクーペ《撮影 内田俊一》