BMW 6シリーズグランクーペ BMW

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)から発売された『6シリーズグランクーペ』はBMW初の4ドアラグジュアリークーペだ。

「6シリーズをベースとして、その特徴であるエレガントさやスポーティさは残しながら、いかに快適なリアシートを確保するか」とこだわりを語るのは、BMW マーケティングディビジョンプロダクト・マネジメントプロダクト・マネジャーの岡田信之さん。

「一番難しいのはルーフのラインです。乗員のヘッドクリアランスを確保しつつ、この美しいルーフラインを確保するかが一番難しかったようです」と話す。また、全長が長くなったこともありサイドウインドウもクーペよりも伸ばされた。「室内からの開放感を考慮して、かなり後ろまで引っ張っています。クーペだと室内空間はパーソナルな方向へ持っていきがちですが、特に後席では広々感も持たせつつ、絶妙なバランスになっています」とする。

そのリアシートだが、「コンソールが後ろまで伸び、また、シートバックも独立したデザインを採用することで、2名分の専用の空間と演出がされています。そうしながらも、3名座れるようにしたり、開放感を持たせるなど、適度にバランスをさせているのがポイントです」

因みにデザインキーワードは、「“エクスクルーシブ”、“エレガント”、“スポーティ”。特にエクスクルーシブが特徴。他にはない特別感みたいなもの」だと語った。

BMW 6シリーズグランクーペ BMW BMW 6シリーズグランクーペ 《撮影 内田俊一》 BMW 6シリーズグランクーペ 《撮影 内田俊一》 BMW 6シリーズグランクーペ 《撮影 内田俊一》 BMW 6シリーズグランクーペ 《撮影 内田俊一》