LCC認知率

リクルートのエイビーロード・リサーチ・センターは、国際線格安航空会社(LCC)利用意向と満足度に関する調査を実施、その結果を「エイビーロード海外旅行調査2012」にまとめ、発表した。

調査は3月21日から23日、関東・関西・東海の3地域より抽出した2011年の海外旅行経験者を対象に、インターネットを利用して実施。5241人から回答を得た。

日系LCC3社のうち、認知率、今後の利用意向率でトップだったのは「ピーチ・アビエーション」。利用経験率では「ジェットスター航空」がトップ。2011年海外旅行者のうち、5%が日本発着便のLCCを利用した経験があるという結果だった。

満足度・今後の利用意向では、「とても満足」が18%、「やや満足」が66%で、合計84%がLCCに満足。今後の利用については、「LCCのみ利用」と「LCC優先」が合計50%、性・年代別では、特に男女18〜29歳で高い再利用の意向が見られた。

充実・向上して欲しいことトップ3は、「さらなる安さの追求」、「シートの幅や機能」、「サイトでのチケットの買いやすさ」だった。

「ローコスト(低価格)」だと実感する片道あたりの平均運賃は、近距離が1万9182円、中距離が3万5652円、遠距離が5万7177円だった。

LCC利用経験率 LCC今後利用意向率