24日午前2時25分ごろ、三重県鈴鹿市内の市道を走行中の乗用車が路外に逸脱。電柱に衝突する事故が起きた。この事故で同乗者1人が意識不明の重体となった。事故直後に運転者として名乗り出た少年は身代わりと判明。警察は後に18歳少年を逮捕している。

三重県警・鈴鹿署によると、現場は鈴鹿市稲生町付近。乗用車は走行中に何らかの理由で路外に逸脱。そのまま電柱に衝突したとみられる。この事故で18歳の男性1人が車外に投げ出され、頭部強打で意識不明の重体。一緒に乗っていた3人が打撲などの軽傷を負った。

事故直後、警察に対して運転者と名乗り出た18歳少年に事情を聞いていたところ、この少年が「実は身代わりだった」と申告。実際に運転をしていたという18歳少年に事情を聞いたところ、事故を起こした際に運転していたことや、別の少年に身代わりを依頼したことなどを大筋で認めたことから、自動車運転過失傷害や道路交通法違反(無免許運転)、犯人隠避教唆などの容疑で逮捕。身代わりに応じた少年も犯人隠避容疑で逮捕している。

調べに対して運転していた少年は「無免許運転の発覚を恐れ、免許を持っていた少年に依頼した」などと供述。依頼を受けた少年は「負傷した知人が意識不明と聞かされ、怖くなった」などと供述しているようだ。