マップルナビS≪撮影 小松哲也≫

キャンバスマップルはiPhone向けカーナビゲーションアプリ「マップルナビS」を開発、26日から販売を開始した。山本幸裕社長は26日都内で会見し「1年間で10万ダウンロードを目指している」と述べた。

価格は1400円だが、7月13日までは半額の700円で購入できるキャンペーンを実施している。マップルナビSは同社の親会社である昭文社が発行している「スーパーマップル」の地図を活用するとともに、全国47都道府県主要部の「むけみち」データも収録している。

日本全国の地図を丸ごとダウンロードするスタンドアローン式のため通信環境のない場所でも使用が可能。また同社の電子書籍アプリ「ことりっぷ」や「まっぷるマガジン」との連携で、観光スポットの検索や、旅行先周辺の情報なども手軽に入手できるのも特徴。

また山本社長は「スタンドアローン型なので利用期限はない。地図は年2回、2年間更新して、プラス1年間OSのアップデートに対するサポートをつけるので、実質3年間(最新の状態で)使える」と説明した。

一方、Android端末向けアプリに関しては企画検討段階という。またiPadに関しては対応準備中で、バージョンアップの過程で対応するとしている。

キャンバスマップル・山本幸裕社長≪撮影 小松哲也≫ 昭文社取締役 内田次郎氏 キャンバスマップル・山本幸裕社長 【マップルナビS 発表】地図更新2年サポートでキャンペーン価格700円、年販10万目標 キャンバスマップル・山本幸裕社長 【マップルナビS 発表】地図更新2年サポートでキャンペーン価格700円、年販10万目標 キャンバスマップル ナビ統括部 次長 広瀬浩司氏 キャンバスマップル ナビ統括部 次長 広瀬浩司氏 【マップルナビS 発表】地図更新2年サポートでキャンペーン価格700円、年販10万目標 【マップルナビS 発表】地図更新2年サポートでキャンペーン価格700円、年販10万目標