22日、米国で行われたテスラモーターズの新型EV、モデルSの発売記念セレモニー

米国のEVベンチャー、テスラモーターズが『ロードスター』に続く市販EV第2弾として開発した新型EV、『モデルS』。同車が22日、米国での一般向け納車を開始した。このニュースを、米国の主要メディアが大きく取り上げている。

発売記念セレモニーは、米国カリフォルニア州の同社の本社工場で実施。工場からラインオフしたばかりの黒、白、赤のモデルSは、全従業員が拍手で迎える中、多くの報道陣の前に姿を現した。

モデルSは2シーターのロードスターとは異なり、実用的なセダンタイプのEV。米国のベース価格は、ロードスターほど高価でない7万4000ドル(約595万円)ということもあり、すでに米国での受注台数は1万台に到達する人気ぶりだ。

発売記念セレモニーにおいて、同社のイーロン・マスクCEOが登壇すると、会場の興奮はピークに。「我々はこのモデルSで、EVが世界の自動車の中で、ベストな存在になることをお見せします」と述べ、その完成度に高い自信を示している。

22日、米国で行われたテスラモーターズの新型EV、モデルSの発売記念セレモニー 22日、米国で行われたテスラモーターズの新型EV、モデルSの発売記念セレモニー 22日、米国で行われたテスラモーターズの新型EV、モデルSの発売記念セレモニー 22日、米国で行われたテスラモーターズの新型EV、モデルSの発売記念セレモニー