トヨタ・プリウスPHV《撮影 太宰吉崇》

大阪府は25日、200V普通充電設備の設置支援を目的に、「おおさかエコカー普及環境整備基金」を活用した補助金の募集を開始すると発表した。

大阪府では、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の普及を目指し、府内の商業・集客施設などまちなかの施設に200V普通充電設備の整備を進めるための取り組みを実施。その一環として、2010年8月「おおさかエコカー普及環境整備基金」を設置。今回の補助金は同基金より支出する。

募集期間は8月1日から8月31日までで、大阪府内の商業・集客施設等や民間駐車場などに、一般利用可能なEV・PHV専用の200V普通充電設備を設置する事業者に対し、15万円を上限に設置費の2分の1を補助する。

日産リーフ 三菱、MiEVパワーボックス