富士通テンは、同社100%出資による中国ビジネス統括会社、富士通天(中国)投資の営業を25日より開始した。

富士通テングループでは、1995年12月に生産会社「天津富士通天電子」を設立して以来、日本主導による中国ビジネスの拡大に努めてきた。新たに設立した統括会社は開発・設計会社「富士通天研究開発(天津)」など中国で活動している4つの現地法人を統括する機能を担い、現地主導による中国ビジネスの拡大を図っていく。