23日午前5時ごろ、茨城県桜川市内の国道50号を走行していた大型トラック同士が正面衝突する事故が起きた。この事故で一方のトラックを運転していた66歳の男性が死亡。もう一方のトラックを運転していた男性も重傷を負っている。

茨城県警・桜川署によると、現場は桜川市加茂部付近で片側1車線の直線区間。那珂市内に在住する40歳男性の運転する大型トラックが斜行するようにして対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた別の大型トラックと正面衝突した。

この事故で、被衝突側のトラックを運転していた埼玉県幸手市内に在住する66歳の男性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。衝突側のトラックを運転していた男性も骨折などの重傷を負っている。

警察では負傷した男性の回復を待ち、自動車運転過失致死容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。