22日午前10時20分ごろ、神奈川県横浜市栄区内の県道で、事件捜査を終えて飲食店の駐車場から進出しようとした捜査車両(覆面パトカー)と、右方向から進行してきた原付バイクが衝突する事故が起きた。バイクを運転していた男性が骨折などの重傷を負っている。

神奈川県警・栄署によると、現場は横浜市栄区上郷町付近で片側1車線の直線区間。同署刑事課の捜査車両は付近にある飲食店で発生した傷害事件の捜査を終え、駐車場から県道へ左折進出しようとしていたが、この際に右方向から進行してきた原付バイクと衝突した。

バイクは転倒。運転していた金沢区内に在住する21歳の男性は左足を骨折する重傷。35歳の男性巡査部長にケガはなかった。

警察では巡査部長の安全確認に怠りがあったものとみて、自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。調べに対して巡査部長は「右側に止まっていたバスが障害となり、進行してくるバイクを見落とした」などと供述しているようだ。