ヴェヌーシア D50《撮影 土屋篤司》

日産自動車の中国合弁会社である東風汽車有限は25日、日産車の生産拠点としては4番目となる新工場を中国遼寧省の大連市に建設すると発表した。2014年に当初、年15万台の能力で日産ブランドの乗用車を生産開始する。

日産は15年に、中国での新車販売を200万台とする目標を掲げている。同社広報部によると、大連工場が年15万台のフル稼働となる15年には、200万台の供給体制が整うという。

大連の新工場は最大で50億人民元(約625億円)を投資する計画であり、最終的には年30万台までの能力拡大を視野に置いている。

日産の西川廣人副社長は同日、大連市で行った新工場の定礎式で「15年までに販売台数を200万台にするという日産の目標を達成するための、重要なサプライベースとなる。新工場建設は、中国市場での日産のコミットメントを再確認するもの」とコメントした。

ヴェヌーシア e-コンセプト《撮影 土屋篤司》 日産自動車・西川廣人副社長(参考画像)≪撮影 小松哲也≫ ヴェヌーシア e-コンセプト《撮影 土屋篤司》 ヴェヌーシア e-コンセプト《撮影 土屋篤司》 ヴェヌーシア D50《撮影 土屋篤司》