ポルシェ・ボクスター《撮影 内田千鶴子》

3代目に進化したポルシェ『ボクスター』がポルシェジャパンより発表された。

「1993年のデトロイトモーターショーでプロトタイプが発表され、大反響を巻き起こしました。そして、1996年には初代の市販モデルType986ボクスターが発表されました」と語るのはポルシェジャパンの黒坂登志明社長。「ポルシェが経営的に大変厳しい時代に登場したボクスターは、たちまち世界中で大ヒット。その後、2004年に2代目となるType987へと生まれ変わった後もその勢いは衰えることはありませんでした」と振り返る。

そして、「(新型)ボクスターはポルシェのみならず、全てのスポーツカーの魂、すなわちスピリットを体現するモデルなのです」とする。

そのエンジンレイアウトは初代から通してミッドシップだ。黒坂社長は、「ポルシェの名を冠した最初のモデル、『356ナンバー1ロードスター』、そして、ジェームスディーンが愛した『550スパイダー』、スーパースポーツカーの『カレラGT』など、キラ星の如く輝くポルシェミッドシップモデルの系譜をボクスターは受け継いでいるのです」。

最後に、「新型ボクスターは、アルミボディによる軽量化、エンジン、トランスミッションの最適化、ホイールベースの延長、電動パワーステアリングの採用などにより、パフォーマンスと効率性、ドライビングプレジャーと快適性を高い次元で融合しています」とした。

ポルシェ・ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ・ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ・ボクスター《撮影 内田千鶴子》 ポルシェ356ナンバー1ロードスターポルシェAG ポルシェカレラGT(左)ポルシェAG