大阪ガスが計画している大規模太陽光発電所の予定地

大阪ガスは、100%子会社のガスアンドパワーが酉島(大阪市此花区酉島)・勝央(岡山県勝田郡勝央町黒土)・広川(和歌山県有田郡広川町)の3か所で、合計約3.5MWの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。

大阪ガスグループとして国内初のメガソーラーとなる。建設地は、大阪ガスグループの社有地である酉島、勝央と、ガスアンドパワーのグループ会社である広川明神山風力発電所の隣接地。2013年3月31日までに建設し順次運転を開始する。

従来、大阪ガスグループでは、太陽光パネルの販売など、顧客の太陽光発電の普及を進めてきた。また、ガスアンドパワーグループは、国内3か所で風力発電所を運営するなど、再生可能エネルギー発電所の建設・運営に取り組んできた。

同社は、今後も再生可能エネルギーの普及拡大に取り組む方針という。