国土交通省は22日、4月29日に関越道藤岡JCT付近で高速ツアーバスの事故を起こした有限会社陸援隊に対し、貸切バス事業許可の取消処分を行ったと発表した。

同省関東運輸局は、事後直後の4月30日、5月2日及び9日の3回にわたり陸援隊に特別監査を実施した。

その結果、名義貸しや日雇い運転者の選任など計28項目の違反が発覚。違反点数が242点となり、許可取り消し基準である81点を超えることになったため、6月16日に聴聞を実施、陸援隊側も違反事実を認めていた。