シトロエン DS5《撮影 内田俊一》

プジョー・シトロエンジャポンより発表されたシトロエン『DS5』は、日本専用に“サイド&バックカメラ”が装着されている。

マーケティング部シトロエンプロダクトマネジャーの上村学さんは、「“DSライン”は、本社が非常に創り込み、尖がったものですので、(日本の)営業に見せたときにウケが非常に良いのです。そういう意味では非常に幸せですが、日本専用の仕様を装備するとなると、その開発は非常にタフなものになります。本社がやり切ってくれるかどうか、何でもやってくれるわけではないのですから」と話す。

DS5では、“サイド&バックカメラ”がそれにあたる。「本国ではバックカメラがある程度標準ですが、日本ではサイドカメラも付けたいと考えました。きれいにドアミラーにビルトインしたタイプは世界中で日本仕様のみです」とその完成度に自信を見せる。その反面、「フランスの工場で作ってもらっているので、たった日本で数百台のためにそれをやってもらうには、交渉も必要でした」と苦労を語る。

まず、映像をどこに映すかが問題だった。「ヨーロッパはヨーロッパナビゲーションがあるので、そこに映し出せばいいのですが、日本の場合はマルチファンクションディスプレイという小さなモニターですので、そこには映せません」。そこで、ドアの内張りにモニターを埋め込む案、灰皿近辺にモニターを設置する案。あるいは、カメラをやめてサードミラーを設置する案など試行錯誤を繰り返した。その結果、「ルームミラーのモニターが一番スマートで、視認性も高いということで、逆提案をし、調整しながら導入にこぎつけました」。

もうひとつ、ドアミラーとルームミラーの組み合わせには理由がある。どちらも保安部品ということだ。「ナビのモニターに付けると、もしナビを新型に変えるときには、いまのままでは見られなくなり、全てセットで変えなければいけなくなります。しかし、現在の方法は絶対に保安部品として必要なものなのです」。つまり、必要に迫られて交換したとしても、同じものを購入すればそのまま使い続けられるということなのだ。

シトロエン DS5シトロエン・プジョージャポン シトロエン DS5シトロエン・プジョージャポン シトロエン DS5《撮影 内田俊一》 シトロエン DS5シトロエン・プジョージャポン シトロエン DS5シトロエン・プジョージャポン